.

#13
f0331078_2323157.jpg
f0331078_23225838.jpg
material / 番線

カードホルダー


#12
f0331078_18214472.jpg
f0331078_18221968.jpg
material / 番線 / 木片

燭台


#11
f0331078_20323761.jpg
f0331078_20322130.jpg
material / セラミック

陶器の蓋物
現在はマッチ入れになっている。


#1
f0331078_20173156.jpg

f0331078_20175339.jpg
material / 漂流木材 / プラスチック片 / 碍子片 / 旧チェコスロバキア製菓子型 / 瓶のふた / CD片 / 麻紐

主に静岡の海岸で拾ったものたち。ボートの欠片か、ネズミ色のような鈍いブルーの破片が美しい。
チェコ製の貝殻型をした金属の菓子型を合わせた。
かなり細い麻ひもをピンと張って、そこに広島の駐車場に落ちていたCDの破片を通した。
CDの破片はバーナーで溶かしたために原型を留めておらず、鉱物のようにも見える。


#2
f0331078_20242437.jpg
material / 木片 /旧チェコスロバキア製キリスト教スライド / 鉄製取っ手 / 針金 / 石 / コルク / 画鋲

始めは木片にチェコのスライドを合わせただけのシンプルなものだったのだが、気が付いたらこうなっていた。
針金の端と端を細い麻紐で繋ぎ、弓形のシルエットを作っている。


#3
f0331078_20285074.jpg

f0331078_20304646.jpg
material / 木片 / 錆びた五徳 / 紙片 / 貝殻 / 捨てられていた紙製タグ / 麻紐

広島滞在中にできたもの。古い五徳に麻紐を編み、貝殻や穴の空いた紙片を通した。
工事現場で使われる型枠の破片をぶら下げて、ドリームキャッチャーを作った。


#4
f0331078_20384859.jpg
f0331078_20411556.jpg
f0331078_20421525.jpg
material / 木片 / 段ボール片 / プラスチック片 / 旧チェコスロバキア製キリスト教スライド / ゴム片 / 照明機器

本田での展示のために制作。こちらもくすんだブルーのボートの破片を軸に、錆びた釘の痕が残る白けた木片を合わせた。
土台に白い薬品がペイントされた厚いボール紙を使用。土台が紙なので、跳ね返る照明の灯りが優しい。
照明を点けるとキリストが現れる。チェコのスライドは馴染みのパン屋にて。
本田の展示ではもう一つ作ったのだが、そちらは旅立って行った。


#5
f0331078_20471489.jpg
f0331078_20482598.jpg
material / 木片 / 錆びた鉄製円盤 / 古いガラス製乳棒 / haruka nakamura 2nd album"Twilight"の帯片 / 麻紐 / 照明機器

愛知県の南端、内海近郊の海岸で拾ったものが中心。薄い金属の円盤の錆や、わずかに残った塗装のあと、細かく空いた穴が美しい。
土台に使った木片も海水や砂に十分に洗われていて、骨のようにも見える。木目が石庭のようでもある。
この木片と鉄の板とのコントラストを見せたかった。途中に薬剤師が使う乳棒を合わせた。ガラスの乳棒を透過して、照明の光が下まで届く。
これをharuka君が見たとき、挟んである彼の2ndアルバムのCDの帯に気が付くかなと思ったのだけれど、彼は気が付かなかった。


#6
f0331078_2122491.jpg
f0331078_2124461.jpg
material / 木片 / 古いガラス製乳棒 / 錆びた番線 / 麻紐 / 枯れた花 / 照明機器

主に海岸に漂着していた木片で構成している。
人工的に形作られたものが、漂流して波に洗われて立ち現れた姿が好きで、使っている木片はすべて元々は人工的に加工された木材の成れの果て。
これにもガラスの乳棒と番線を合わせ、照明にした。


#7
f0331078_2153597.jpg
f0331078_215542.jpg
material / ギター片 / 木片

これを見付けたとき、いろいろなストーリーを想像した。
ジョージア.オキーフが生きていてこれを見たら、きっと気に入ってくれるんじゃないかと勝手に想像している。
ギターの縁を少しだけ焼いた。


#8
f0331078_2194859.jpg
material / 木片 / FRP片 / 古いガラス瓶 / 文庫本の1ページ / 枯れた花 / 照明機器 (sold)

FRPの破片が美しい。
無作為に選んだ文庫本の1ページを合わせ、意味のないストーリーを作った。


#9
f0331078_21121043.jpg
material / 木片 / 鉄片 / 劣化したプラスチック製計量容器 / 錆びた針金 / 照明機器 (sold)

三重県の海岸で拾ったものたち。
何かの部材か。加工された独特のフォルムをした木片が砂に洗われて、かなりいい感じになっていた。
化粧品メーカーの刻印がされた、触れたら崩れそうなプラスチックの計量容器を中心に合わせた。


#10
f0331078_21173367.jpg
material / 木片 / 鉄片 / 錆びた針金 / 照明機器 (sold)

これも三重県の海岸にて。
この海岸はやたらと杭などの長い形状をした木片が多い。
これはほとんど木片のみで構成している。波や砂に洗われた木材の枯れた感じがとても美しい。
暗闇では照明の影となって、木目が立ち現れる。

- - -

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打際に、落ちていた。

それを拾って、役立てようと
僕は思ったわけでもないが
なぜだかそれを捨てるに忍びず
僕はそれを、袂に入れた。

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打際に落ちていた。

それを拾って、役立てようと
僕は思ったわけでもないが
   月に向かってそれは放れず
   浪に向かってそれは放れず
僕はそれを、袂に入れた。

月夜の晩に、拾ったボタンは
指先に沁み、心に沁みた。

月夜の晩に、拾ったボタンは
どうしてそれが、捨てられようか?

月夜の浜辺 - 中原中也 -

- - -
f0331078_21395430.jpg

消えて行くものたちに光を当てる
蝋燭と素材こそ違うけれど
同じ仕事だと思っています。

少しずつですが
更新していきたいと思います。


河合 悠


- - -
































- - -














[PR]
# by kawaiyu | 2014-04-09 22:56
←menuへ